BLOG ブログ

社員の横顔

2017年6月15日

シンデレラ岡谷の新人研修日記♪

IMG_6534

こんにちはー!

約一年ぶりの登場となりました

ヒルトップの3代目アイドルこと

岡谷

オカタニです( ゚∀ ゚)

(毎朝の脱品。必死すぎて口が開いている。)

実は私この春、、、

プログラマー新教育担当に選ばれました(o^^o)

やりたかったことが現実になりました!パチパチ

というわけで今回は

今年のフレッシュな新入社員3名の研修について

紐解いていきたいとおもいますっ!!

3人

わたしたち教育担当が動き出したのは2月頃

昨年の教育カリキュラムをさらにさらに

ブラッシュアップするため

何度もミーティングを重ねてきました

ミーティlンぐ

そしてキラキラ新入社員がわたしたちの

仲間になった4月

ヒルトップのモノづくりを一から学ぶ研修は

全部署をまわるところからはじまります

仕上げ・検査・処理…

どこに配属されても他部署の気持ちが

わかる人になってほしいですね☺️

さらにフライス・旋盤と

現場の研修が続きます!

フライスの教育担当

同じく入社二年目の山本れいじくん!!

れいじ

では、れいじくん!

現場の研修ではどんなことをするんですか??

「フライス・旋盤ともに、汎用機という手動で動かすタイプの機械を使って研修をします。

フライスの研修では、操作方法から始まり、ドリルで穴開けたり、エンドミルでポケット加工や溝加工をしたり、厚みを正確に仕上げたり等々。実際に手動で削ること五感を使って加工を学びます

他にも、気になる刃物なんかがあると、実際使ってみることなんかもありましたね」

なるほど~♪

私も一年目のときにこの現場研修で毎日アルミを削っていたのですが

この経験はプログラマーに配属されてからもすごくいかされているんです(^^)/

この加工は刃物に負荷がかかりすぎるな・・

この工具でこの長さの突出だと工具が振れてしまうな・・

等々、パソコンとにらめっこしながらも現場での経験を思い出しながら

プログラムを組んでいるのです( `ー´)ノ

そして長い研修もいよいよ後半戦で

先週からプログラマーの研修がスタートしました

初めて使うソフトに、現場のように感覚ではできない部分・・

研修風景

碧2

将太2

拓2

みんな毎日頭をフル回転させて図面と格闘しています笑

ちなみにプログラマーの研修の最後には、自由製作として

自分で設計・プログラムしたものをマシニングで加工してもらいます!!

ちなみに私は昨年シンデレラ城をつくりました☺

シンデレラ城

個性豊かな3人がどんなものを作ってくれるのか楽しみです(*‘ω’*)

ではここで新入社員3人からみなさまにご挨拶を(*^▽^*)

大津碧

碧

「はじめまして!!京都工芸繊維大学大学院出身の大津碧です。HILLTOPに入社して早2か月が経ちました。現場研修では実際にアルミを削って、自分の目で耳で感触で五感を使いながらモノづくりを学びました。今は、プログラマー研修で図面からモデルを立ち上げています。慣れないことばかりですが一所懸命がんばります!!

前出拓

拓

「こんにちは!!近畿大学出身の前出拓と申します!!入社して2か月と少し、フライスと旋盤というふたつの現場研修を経て、ただいまプログラマーの研修に取り組んでおります。現場とは違い、頭をフル回転させるプログラマー研修に毎日苦戦しながらも楽しく研修生活を過ごしています。失敗と成功を日々繰り返しながら、残りの研修もがんばります」

廣野将太

将太

「はじめまして!!龍谷大学を卒業しこの春HILLTOPの一員となりました新人の廣野です。文系出身の僕ですが、入社して早二か月、今はプログラマー研修の真っ最中です!フライス・旋盤と現場の研修では、直接アルミを加工し「うわ~!文系でも機械を動かして削ることができるんだ!」と思いながらモノづくりを楽しんでいました。プログラマー研修では、感覚ではなく数字を扱うモノづくりで、普段の生活では気にしない0.1mmや0.01mmの世界に苦戦しています。現場とはまた違ったモノづくりの面白さを感じながら毎日楽しく研修を受けています!!」

みんなキラキラしてますね~(^_-)-

スポンジのように吸収してくれる3人に負けないように

私もがんばります!!☺

ではまたいつか!

楽しそうな将太