HILLTOP(ヒルトップ)株式会社

CLOSE
MENU

For actual Manufacturing

部品加工

2020.10.22

焼きばめホルダって?

加工内容の高精度化に伴い、焼きばめホルダが増えていますよね!
もちろん弊社も焼きばめホルダたくさん使っております。

では具体的にどんなメリットがあるのか?どんな事に注意しないといけないのか?

【焼きばめの原理】

熱膨張率の低い超硬の切削工具と、熱膨張率の高い特殊鋼で作られた焼きばめホルダーの熱膨張差を利用して、
加熱して拡大した焼きばめホルダの穴に切削工具を挿入し、
冷却収縮させることで切削工具を把握させ、工具の振れがない高精度なチャッキングします。


【メリット】
①工具の振れがない高精度なチャッキング ができる
従来から多く用いられているコレットチャック方式保持具に比べて構成部品数が最小となっており、高剛性、高精度な工具保持が可能です。
工具保持精度は、保持具の口元で数マイクロメートル以内、
かつ繰り返し精度が高いため、工具保持作業の熟練、および確認のための計測などが不要です。
焼ばめホルダ導入により、工具着脱プロセスの簡素化と高信頼性が得られます。

②高い振れ精度と、高い把握力で切削工具の安定と長寿命化が期待できる
高振れ精度・高剛性保持により、工具寿命の安定化と延長が期待できます。
もちろんホルダにもよりますが、コレットホルダの2~4倍もの把握力が期待できます。
また高振れ精度で安定切削が可能であり、高精度な加工の実現が期待できます。

③ワークへの接近性に優れている
ホルダが細いため、マシニングセンターや5軸加工機で起伏の多い複雑な形状を加工する場合、
少しでも切削工具の突き出し量が短くできます。
さらに工具保持長さはコレットチャックに比べ、短くても十分な保持剛性が得られます。

【注意事項】
焼ばめホルダで使用するには超硬工具が最適です。
ハイス工具は、熱膨張率がホルダ材質と近いため焼きばめ時間が長く、工具着脱が難しくなりますので、注意です!

ホルダへの挿入長さが長すぎると、ホルダ内部の振動によりビビリが発生したり、
工具がホルダ内部で損傷するなどのトラブル発生がする場合があります

 

 

 

焼きばめホルダ基礎編でした\(^o^)/

Recommended

2020.11.09

【設計者さん必見】まとめ!

2020.11.06

【設計者さん必見】外注先の保有機械、見直してください!

2020.10.30

【設計者さん必見】切削加工とそれ以外の加工の使い分け

2020.10.26

アブソリュート指令/インクリメンタル指令とは?

2020.10.22

アルミ合金を切削するときのポイントは? ~ 基礎編 ~

2020.10.22

公差の基礎知識~公差等級や寸法公差と幾何公差の違い~

VIEW MORE
ページの先頭へ